ウェズリーの寄宿舎「ラーニング・イン・レジデンス」は、グレン・ウェイバリーの高校キャンパス内にある、10~12年生のための現代的な施設です。

オーストラリア国内の生徒や世界中からの留学生が滞在するラーニング・イン・レジデンスは多様な文化が共存するコミュニティで、生徒たちはそこで共に学び、生活し、成長します。

学期中の、週日滞在(月曜日から金曜日まで)もしくは常時滞在(週7日)のいずれかを選べます。

安全で警備のしっかりした居住環境で、幅広いリクリエーション施設と栄養のある食事、専属の住み込み教職員のサポートが得られます。

生活と学習

ラーニング・イン・レジデンスの寄宿生は、様々な課程を選択し、夕方や週末のサポートプログラムを受けることができます。

寄宿生は、高等部の以下の4つのプログラムのいずれかを選択します:

  • 国際バカロレア・ディプロマプログラム (IB DP)
  • ビクトリア州教育修了証(VCE)
  • 職業教育訓練 (VET)
  • 高学年学習枠組 (SYLF)

寄宿生は、学校生活全般に積極的に関わります。スポーツ、音楽、舞台芸術など質の高いバラエティーに富んだ課外活動の他、クラブ活動、委員会、リーダーシップの機会が得られます。

Aerial view of student studying in a modern communal area

補習

授業で習った内容を確実に身につけるため、夕方に補習が行われます。教師や指導員が少人数制のチュートリアルで、生徒が宿題や課題を完成させるのを支援します。

火曜日と木曜日には、化学、数学、生物、英語などの専門の先生が来て、VCEとIB課程を学ぶ生徒を指導します。

毎晩7時から、寄宿舎は補習の時間に入るので、高校生にとって重要な、集中して勉強できる環境が整っています

週末の活動

週日の密度の高い学習が終わったら、週末はゲームとアクティビティの時間です。たとえば、土曜日の朝に全員参加で通学生と一緒に行うスポーツや、メルボルン市内各文化施設見学、ソーシャルイベント、映画、カラオケなどがあります。

週末プログラムには、寄宿生が自由に読書やおしゃべり、自習、あるいはただのんびりすることのできる、自分のために使える時間も組み込まれています。

心身の健康

ラーニング・イン・レジデンス・プログラムは、生徒一人一人の心理的、社会的、身体的、精神的、文化的必要に配慮しています。アドバイザーや学業監督、教師、公認看護師、医師、カウンセラー、精神療法士、医療関連専門家らの専属チームが、全般的な心身の健康を見守ります。

各寄宿舎にはフルタイムのアドバイザーが起居し、常に安全で警備の行き届いた環境を確保しています。

Student signing in at reception安全性と警備保障

生徒の安全はあらゆることに優先します。各生徒には専用の電子カードが交付され、それがなければ自室や共用エリアに出入りすることができません。

警備員は24時間体制で常駐し、監視カメラも設置されています。キャンパスの建物と門は毎晩施錠され、全ての出入り口と窓にはアラームがついています。

保健サービス

寄宿舎の住み込み職員は寮生一人一人の健康歴を把握しており、様々な状況で必要な処置を判断することができます。全ての職員は、応急措置、心肺蘇生術、アナフィラキシー、ぜんそくの対処訓練を受けています。

ラーニング・イン・レジデンス・ヘルスセンターは、公認看護師が週7日勤務し、24時間体制で公認看護師が待機しています。カウンセラーも週5日勤務し、生徒たちの精神的福利をサポートしています。

Close up shot of food in a cafeteria食事と栄養

寮では、寄宿生が育ち盛りのティーンエイジャーであることを念頭に、生徒たち自身とも話し合いながら、新鮮でおいしく、栄養バランスの良い食事を提供するよう心がけています。毎日、専属のケータリングチームが三度の食事に加えて、午前と午後のおやつ、それに夜食を用意します。

生徒たちの多様性を反映して、供される食事も多様なものとなっています。毎週、いろいろな国をテーマにしたインターナショナル・ディナーを開催するほか、週三回は朝食にお粥が供されます。

また、寄宿生用の簡単な台所には冷蔵庫やトースター、湯沸かし器が備え付けられており、自分の食べ物を保管しておくこともできます。

施設

ラーニング・イン・レジデンスは、男子寮、女子寮合わせて8棟あり、それぞれ定員16名で、住み込みの教職員が一人つきます。各寮生は、性別と学年により、いずれかの寮に入ることになります。

寮はグレン・ウェイバリー・キャンパス構内に建っており、スポーツセンター、体育館、テニスコート、音楽・ドラマスタジオ、図書館、スポーツオーバル、室内プールといった学校施設がすぐに使えます。

二人部屋

寮は洗面所つきの二人部屋構成で、ガスの暖炉がある広いラウンジや簡単な台所、自習スペース、共同学習エリアがついています。

二人部屋の居室はゆったりとして、勉強にも睡眠にも友達とのおしゃべりを楽しむのにも十分な広さです。

それぞれの寮に、冷蔵庫やトースター、湯沸かし器が備え付けられた台所がついています。

インターネット

当校敷地全域でワイヤレス・インターネットが利用可能です。生徒一人一人に安全な専用Eメールアカウントが与えられており、高速で簡単なコミュニケーションを可能にしています。

寮生には、校外にいる家族や友人と、電話やメール、Skypeなどで定期的に連絡を取り合うことが推奨されています。

その他の宿泊オプション

ホームステイ

ウェズリー・カレッジ・ホームステイ・プログラムは、ホストファミリーと暮らすことを希望する留学生に安全で気配りの行き届いた家庭的な環境を提供します。

ホームステイ・ペアレントもしくはファミリーは、生徒に個室と食事全部を含むホームステイを提供します。ウェズリー・カレッジとホームステイ・ファミリーは連携し、生徒の勉強や課外活動をサポートし、「第二の我が家」となります。

ホームステイ・オプションは、13歳以上の生徒のみ、利用可能です。

ホームステイ・ファミリーはウェズリー・カレッジが慎重に選別し、生徒の事情に合わせてマッチングされます。

ホームステイについてより詳しく知りたい方や、ホームステイ・ファミリーになりたいと考えている方は、ウェズリー・カレッジのホームステイ小冊子をダウンロード、あるいは admissions@wesleycollege.net までお問い合わせください。

両親または近い親戚と同居

ウェズリー・カレッジ在学期間中、両親または近い親戚がメルボルンに住んでいる生徒は、その両親・親戚と同居することができます。その場合、その両親・親戚が保護者として責任を負うことになります。

13歳未満の生徒は、このオプション以外選択できません。