ウェズリーの学業重視の姿勢を示すものとして、当校生徒の一貫して優秀な学業成績に勝るものはありません。

生徒たちのやる気とがんばりが、当校の高い水準の授業・教育によって、一般社会で活躍できるバランスのとれた卒業生を生み出します。

確固たる実績

2018年度の12年生は、55%がビクトリア州教育修了証(Victorian Certificate of Education: VCE)課程、45%が国際バカロレア・ディプロマプログラム(IB DP)に在学していました。

当校は、質の高い教育というものは単に大学入学ランキング(ATAR)の得点以上のものであると考えています。それは、当校が全き人格 としての生徒に注目し、「知る」ための、「行動する」ための、「共に生きる」ための、そして「存在する」ための教育という、真の 教育を行おうとしているからには、当然のことなのです。

ウェズリーは、生徒に幅広い学習経験を提供し、どのような進路を選んでもそこで成功できるような教育を行うことに注力しています。

2018年卒業生の成績

  • IB DP履修生のATAR中央値は93.30点。
  • VCE と IB DP を合わせたウェズリー全体のATAR中央値は87.10点。#
  • 生徒の44%がATAR 90.00点以上(オーストラリアの12年生全体の上位10%以内)を取得。
  • 科目満点(VCEではVCEスタディースコア 50、IB DPでは科目スコア 7)は、合計185獲得。
  • 満点を記録した科目は全部で24科目に及ぶ。
  • 全履修科目のなかでVCEスタディースコア40以上もしくはIB DP 科目スコア6以上を記録した割合は 33.4%。

進学先

当校卒業生の多くが第一志望の一流大学に合格しています。特に、メルボルン大学またはモナッシュ大学に合格する卒業生の割合は、毎年50%を超えています。

ウェズリーで培った個性、経験、成長を生かし、卒業生らは進学先でもそれ以降の人生でも、ますます発展を続けています。

2018高校录取情况

履修科目

当校では、生徒たちに視野を広げ、それぞれの才能や情熱を伸ばすことを奨励しています。

卒業生らは、それぞれの才能と興味を生かし、様々な分野へと進出しています。

複数専攻 25%
人文学 18%
経営・商学 16% 
自然科学 10%
健康科学・心理学 7%
工学 6%
デザイン 4%
IT 3%
スポーツ 2%
教育 2%
メディア 2%
看護学 2%
音楽 1%
医学 1%
その他 1%
法律 0.20%

2018年度卒業生所感

Elle Wong

エル・ウォング
IB DP, ATAR 99.85

「ウェズリーで学んだ最も心に残ることは、個性の大切さ、リーダーシップ、そして他者から学ぶということです。

正課授業や課外活動で提供されている様々な機会を大いに楽しみました。授業とスポーツ、演劇、音楽プログラムをバランス良く取り入れたことで、私は自分をよく知ることができ、熱中できることを見つけられました。

卒業後はメルボルン大学で学びます。ゆくゆくは弁護士になり、国際法もしくは会社法の分野に進みたいと思っています。」

Jimmy Sun

ジミー・サン
VCE, ATAR 98.70

「ウェズリーでの学びはとても楽しかったです。特に先生やクラスメートと仲が良かった12年生は最高でした。

在学中は卓球のカレッジ第1チーム、第2チーム、それにサッカーなど、いろいろな課外活動に取り組みました。また、年下の生徒たちにコンピューター・プログラミングを教えるWINGSメンター・プログラムにも関わっていました。そのほかにもウェズリーでは、ハウス単位の陸上競技や音楽など、多くの課外活動があります。これらの課外活動は勉強のストレスを軽減してくれるばかりでなく、同級生たちとの絆を強めるのにも効果的でした。

ウェズリーは素晴らしい学校です。先生方はいつでも相談に乗ってくれて、常に親身になって助けてくれました。授業も楽しかったです。こんな先生方でなかったら、これほど良い成績はとれなかっただろうと思います。

私はテクノロジーに興味があるので、来年はメルボルン大学に入学して科学を勉強しようと思います。それ以降も科学とテクノロジーを学び、これから来る世代のために科学技術をさらに発展させたいと思っています。」

Ace Buck

エース・バック
IB DP, ATAR 99.95

「ウェズリーが共学校であることを特に意識したことはありません。あまりにも自然なことだからです。ここの良いところは、自然に互いを尊重できるようになることであり、ウェズリーで学んだ生徒たちは本能的に「いかに他者と共に生きるか」を知っているように思われます。

12年生ではクロスカントリー競走チームの副キャプテンを務め、チームのAPS優勝を喜びました。また、男子陸上チームのメンバーでもあり、セントキルダ・ロード校舎公開討論部の部長も務めました。陸上やクロスカントリーのチームに所属するのはとても楽しく、また、練習のために机の前から離れざるを得なかったことも良かったです。

今年はメルボルン大学で科学を専攻しながら語学のディプロマにも挑戦したいと思っています。」

Audrey Mims

オードリー・ミムズ
IB DP, ATAR 99.70

「ウェズリーで学んでとても良かったと感じたことは、共に学ぶ素晴らしい友人たち ― まるで兄弟姉妹のようでした ― がいたことです。そういった人たちと机を並べたことで、勉強はダイナミックで楽しく、わくわくするような時間になりました。今日はどんな新しいことをするのだろうと思うと、授業に行くのが楽しくてなりませんでした。

ウェズリーでは開かれた精神と、大志を抱くことを教えられました。先生方や同級生が作る、励まし合い支え合う環境が、私に生涯続く友情と、音楽とスポーツへの情熱を与え、私を今あるような精神的な人間に育てました。

2019年にはキャンベラのオーストラリア国立大学に進学し、法・政治学と哲学、経済学の複数専攻に挑みます。昔から興味があった医学も学んでみたいと思っています。最終的な進路がどこにあるかは、まだはっきりしていませんが、何をするにせよ、積極的で、野心的で、冒険的に生きていくのは間違いないことと思います。」